デメリットもある

メリットがあればデメリットも必ずあると思った方がよいでしょう。それはバーチャルオフィスであっても同様です。重要なのはどのようなデメリットがあるのかを事前に知っておき、しっかりと対応できるようにしておくことです。そこでバーチャルオフィスのデメリットを紹介させていただきますが、法人として起業する場合には、会社の法人口座を作るときに断られてしまいやすいという点です。

そのため、バーチャルオフィスを利用する場合には、法人口座がきちんと解説できるかを確かめておくべきでしょう。また、社会保険や雇用保険の申請も難しくなっています。そのため、法人よりも個人で運営する場合に向いていると言えます。派遣業者や古物商などの許可を取るのも難しくなっているので、このような事業を行うのであれば、レンタルオフィスを使用するのがよいでしょう。

特に許可証などが必要のない事業に向いています。ちなみに創業融資を行ってもらうこともできませんので、ある程度予算を確保してから開始しないといけません。このようなデメリットがバーチャルオフィスには存在しているので、事前に知っておきましょう。あらかじめデメリットを知っていれば、どのように対策を練ればよいのかが分かるでしょう。

主なメリット

バーチャルオフィスにはいろいろなメリットがあります。そこでどのようなメリットがあるのかを紹介させていただきます。バーチャルオフィス最大のメリットは、やはり料金が安いことでしょう。レンタルオフィスに比べると、相当安くなっています。しかも安い場所であれば数千円台で借りることができるところもあるのです。高いところでも1万円台ぐらいで借りられることが多いでしょう。

参考資料|低価格のバーチャルオフィス – ワンストップビジネスセンター大阪
利用目的に合わせてプランが選べるバーチャルオフィスサービスです。

この安さがバーチャルオフィスの利用しやすいところなので、開業当時にお金がないころには重宝するのです。しかも一般的なオフィスのように、敷金や礼金もかかりませんので、レンタルオフィスに比べて借りやすいというメリットもあります。料金が安いところだけがバーチャルオフィスのメリットではありません。他にもいくつかメリットがあるのですが、ある程度であれば好きな場所に住所を置くことができる点でしょう。

住所などどこでも関係ないと思う人もいるでしょうが、個人事業であれば問題はないでしょう。しかし、法人の場合にはある程度住所も関係してくると言えるでしょう。一等地に住所を置いておくのと、地方に住所を置いておくのとでは、やはり信頼度が変わってくることがあります。メリットがいろいろとあるからこそ、利用する人も多いと言えるでしょう。