デメリットもある

メリットがあればデメリットも必ずあると思った方がよいでしょう。それはバーチャルオフィスであっても同様です。重要なのはどのようなデメリットがあるのかを事前に知っておき、しっかりと対応できるようにしておくことです。そこでバーチャルオフィスのデメリットを紹介させていただきますが、法人として起業する場合には、会社の法人口座を作るときに断られてしまいやすいという点です。

そのため、バーチャルオフィスを利用する場合には、法人口座がきちんと解説できるかを確かめておくべきでしょう。また、社会保険や雇用保険の申請も難しくなっています。そのため、法人よりも個人で運営する場合に向いていると言えます。派遣業者や古物商などの許可を取るのも難しくなっているので、このような事業を行うのであれば、レンタルオフィスを使用するのがよいでしょう。

特に許可証などが必要のない事業に向いています。ちなみに創業融資を行ってもらうこともできませんので、ある程度予算を確保してから開始しないといけません。このようなデメリットがバーチャルオフィスには存在しているので、事前に知っておきましょう。あらかじめデメリットを知っていれば、どのように対策を練ればよいのかが分かるでしょう。

主なメリット

バーチャルオフィスにはいろいろなメリットがあります。そこでどのようなメリットがあるのかを紹介させていただきます。バーチャルオフィス最大のメリットは、やはり料金が安いことでしょう。レンタルオフィスに比べると、相当安くなっています。しかも安い場所であれば数千円台で借りることができるところもあるのです。高いところでも1万円台ぐらいで借りられることが多いでしょう。

この安さがバーチャルオフィスの利用しやすいところなので、開業当時にお金がないころには重宝するのです。しかも一般的なオフィスのように、敷金や礼金もかかりませんので、レンタルオフィスに比べて借りやすいというメリットもあります。料金が安いところだけがバーチャルオフィスのメリットではありません。他にもいくつかメリットがあるのですが、ある程度であれば好きな場所に住所を置くことができる点でしょう。

住所などどこでも関係ないと思う人もいるでしょうが、個人事業であれば問題はないでしょう。しかし、法人の場合にはある程度住所も関係してくると言えるでしょう。一等地に住所を置いておくのと、地方に住所を置いておくのとでは、やはり信頼度が変わってくることがあります。メリットがいろいろとあるからこそ、利用する人も多いと言えるでしょう。

バーチャルオフィスを利用

現在は誰でも簡単に起業できる時代となっています。しかし、政治家の悪政によって不景気な時代が続いているだけではなく、増税や物価高で生活が厳しいという人も多いでしょう。そのため、起業をしてもオフィスを借りることができないと悩んでいる人もいるのです。そんな人でも簡単に借りることができるのが、バーチャルオフィスと呼ばれているものなのですが、全く聞いたことがない、もしくは聞いたことはあっても、どのようなものなのか全くわからないという人もいるでしょう。

バーチャルオフィスというのは、実際にオフィスを借りたり購入したりするのではなく、実際には存在していないオフィスを借りるという方法です。実際に存在していないのでは違法になるのではと思うでしょうが、きちんと電話も繋がりますし、郵便物も届くようになっているので問題ありません。サービスベンダーというところから借り受け、担当者がきちんと電話対応もしてくれます。そのため、起業した当初は利用したいという人もたくさんいるのです。

簡単に言えば、オフィス自体を借りるのではなく、住所や電話番号、ファックス番号などを借りるサービスになっています。そのため、レンタル料も実際のオフィスを借りるよりもかなり安くなっているのです。現在ではこのようなバーチャルオフィスを利用できる業者がたくさん存在しています。当サイトではバーチャルオフィスの特徴、メリットやデメリットなどを紹介させていただくので、利用する場合には参考にしてもらえると幸いです。